現在、S2CはDDR2とDDR3 Prototype Ready IPを提供可能

事前制作コンポーネントがSoCプロトタイプ開発を加速して、SoC開発期間を短縮する

中国, 上海 – 2010年11月15日 – S2C(先進な快速SoCプロトタイプソリューションサプライヤー)は、S2Cの顧客はS2C四代目S4 TAI Logic Moduleにおいて運行するDDR2とDDR3プロトタイプ準備IPを購買できることを発表した。このIPでは、ユーザがS2CのAltera Stratix IVベースのFPGAプロトタイプハードウェアにおいて直ちに使用できる2G DDR2を533Mbpsに、2G DDR3を800Mbpsに運行できる。FPGAにいてDDR2とDDR3はこんなに高い周波数で運行するのは、大量のエンジニアリング作業が要る、S2Cはこれらの設計作用を事前完了しているので、エンジニアはSoCプロトタイプを快速に構築できる。

DDR2和DDR3プロトタイプ準備IPはAltera Quartusソフトウェアからのメモリコントローラを使い、S2Cがテストを行った、選定されたDDR2とDDR3 SO - DIMMメモリを用いて、事前マッピングと優れらデバッグで、高機能を取得する。購買すると、顧客はTAI Playerソフトウェアプロジェクトファイルを得て、S4 TAI Logic Moduleにマッピングされている完全な参考設計と、DDR2或いはDDR3メモリの運行手順をガイドするマニュアルファイルがある。顧客はTAI Playerソフトウェアの中で、DDR2 / 3のクロック周波数を調整することで、違うクロックでの読み書き操作の正確さを容易に検証できる。

最終SoCに使われるメモリコントローラはどう実現するかを問わずに、S2CのDDR2とDDR3プロトタイプ準備IPは、SoC開発を加速する実用性がある参考設計である。S2Cの目標は、顧客がAlteraのメモリコントローラを使い、可能な短期間で、DDR2とDDR3外部メモリを含めるSoCプロトタイプを運行できることを確保することだ。顧客が、SoCに実際使用されているメモリコントローラ,プロトタイプ準備IPの設定(例えば、ピン配置、タイミングシーケンス制限及び他のAltera Quartus設定など)を検証したい場合、参考として使える。                          

「大容量外部SDRAMメモリは、普通、現在デジタルシステム設計のキーとなる要素だ、安定で、大容量と高機能のDDR2とDDR3外部メモリがあるFPGAベースのSoCプロトタイプが益々必要になっている」 S2C社取締役代表&CTOの陳睦仁は話した、「FPGAにおける高機能DDR2とDDR3運行は難しい、設計不適が起こると、とても悪くて、不安定なシステム機能が生じる。S2CのDDR2とDDR3プロトタイプ準備スイートは、事前設計したもので、これらの潜在問題をなくしている。われわれの目標は顧客に続けて事前設計ソリューションを提供することにより、運行可能なSoCプロトタイプの取得期間を短縮することで、設計期間を短縮する、それによって、われわれの顧客が競争相手を敗れて、市場に進出することだ」。                          

DDR2とDDR3プロトタイプ準備IPは現在、すべてのS4 TAI logic modulesに使用可能だ。S4 TAI Logic ModuleはS2Cの四代目SoCプロトタイプハードウェアで、電源管理、冷却機制とノイズシールドが強化されるので、プロトタイプシステム高機能の信頼性に役立つ。S4 TAI Logic Moduleは一つ又は二つのStratix IV FPGAを同一ボードに設置して、30万ASICゲートの容量及び1,286個外部I/Oインターフェースを提供できる。複数のTAI Logic Moduleは積重ねられ或いは同一相互接続しているマザーボードに装着して、より大きなゲート数の需要に対応できる。                          

快速SoCプロトタイプ S2Cは、快速SoCプロトタイプにてSoCの開発期間を短縮することに専念している。われわれの目標は、SoC開発者にツールとパーツを提供して、SoCの機能を迅速に構築、検証することだ。検証は機能を取得したら、ハードウェアとソフトウェア開発は同時に実施できる。SoCプロトタイプはソフトウェア開発プラットフォームとして、速度はコンピュータシミュレーションより速いことだけでなく、また、ソフトウェアはリアルタイムシステム条件で運行するので、エラーは迅速に示される可能だ。この場合、SoC開発計画に巨大的な影響を与える、ソフトウェアが消耗するSoC開発コストは成長しているためである。SoC開発コストは上がっている、SoCソフトウェアの開発コストの成長速度は一番速い。SoCソフトウェアは多くのプロジェクトのボトルネックになっている、もっと多くの機能を同一チップに緊密に集成するのが、大量のエンジニアがソフトウェアの開発とテストを同時に実施しなくてはならないからだ。

                            

S2Cの全面システムプロトタイプソリューションに恵まれ、S2Cの顧客は市場優先チャンスを取得できる。

S2Cについて

S2C社本部はアメリカシリコンバレーにあり、世界先進なシステムからチップまでの全体ソリューションサプライヤーです。 S2Cは三つの主要事業でSoC設計の開発に協力します :

  • FPGAベースの高速SoCプロトタイピングハードウェアとソフトウェア
  • 第三者プロトタイピング済みIP (Prototype Ready IP)
  • SoC設計、プロトタイピングと生産サービス

S2Cの価値は、われわれの高素質エンジニアチーム及び顧客を方向とする営業チームは、顧客SoC設計の目標市場需要をよく了解できることに示されています。S2Cの独特で、FPGAベースのESL設計方案は、われわれのTAI IP技術特許を採用していますので、設計エンジニアが必要なIP (FPGAフォーマット)を利用して、FPGAプラットフォームでSoC設計プロトタイプに暗号化されたかつ便利に整合できます。よって、ソフトウェアの同期開発を実現できます。高効率のプロトタイピング方法論と大量のプロトタイピング済みIP(Prototype Ready IP)及び先進的なSoC設計ソリューションを結合することによって、SoC設計期間を約九ヶ月短縮できます。

高速成長している中国SoC設計の需要をよりよく満足するために、現在、S2Cは中国で三つの事務所があり、上海、北京及び深センです。S2CはSoCIPフォーラム展示会の主催者で、亜細亜太平洋地区のSoC専門デザイナーと国際先進なIP及びSoCソリューションサプライヤーに相互コミュニケーションのプラットフォームを提供します。

###

Steve Pollock, S2C Inc., San Jose, 電話番号:+1 408 600-0547 Email::stevep@s2cinc.com                            

Michel Cao, S2C Inc.,  上海,電話番号 : +86 21 6887 9287 Email: michelc@s2cinc.com

###

S2C、Prototype Ready IP及びTAIは、S2C,Inc.の商標です。AlteraStratixはAltera Corporation.の商標です。すべて他の商標はそれぞれ所有者の財産です。