第三回SoCIP 2010フォーラム展示会成功主催

最新のSoC設計技術と製品情報を提供して、SoCを初回で正確に制作できる

中国上海,2010年7月26日 – SoCIP2008、SoCIP2009の後に付いて、第三回SoCIP2010フォーラムは6月1日及び3日に、上海と北京で成功主催された。この展示会で、14出展会社と300人以上の観衆がIPメーカとのインタラクションに参加して、設計仕様、ソリューション及び挑戦についての意見を共有することに、S2Cはとても喜ぶ。S2Cは主催者として、SoCIP2010の出展会社と観衆にご感謝する、メディアたちの参与が、SoCIPを中国の重要なSoC設計交流プラットフォームにしていることをご感謝する。
SoCIPが中国重要なSoC設計交流プラットフォームになった重要原因の一つとして、現在の業界バックグランドである。半導体業界は多年の発展を経て、市場分業はますます細かくなり、最初のIDMからIC設計会社、ウエハーメーカまで、また設計サービス、IPサプライヤーなどの発生まで、環節ごとに専門メーカが製品とサービスを提供している。また、金融危機の影響を受けて、海外半導体市場の不景気のため、国内IC半導体業界が大きく発展して、業界注目程度が益々高くなっている。SoCIPプラットフォームは成功を遂げた原因として、大きな程度で、S2Cは日々成長している国内IP需要だけでなく、海外高品質IPサプライヤーも詳しく了解しているので、顧客の中国市場需要に最適するIP及びSoC設計ソリューションの選択に協力できることである。

これについて、チップ設計産業に対する政府の支持がなくてはならない。08年世界経済危機の時、中国政府を直ちに一シリーズの対策、例えば核高基(中核電子部品、高級汎用チップ及び基礎ソフトウェア製品技術重大プロジェクト)、三網聯合、3G携帯プロジェクト、デジタルテレビなどを行ない、ICプロジェクトに大きく応援することにより、IPの大量需要が生じた。工業と情報化部ソフトウェアと集成回路促進センター(CSS)常務副主任の邱善勤はこのSoCIP2010フォーラムに出席して、「SoC参考プラットフォームを構築して、IP応用の普及を促進」を発表した。政府はシリコンIP産業について同じ積極的な応援態度を持っていることをよりいっそう示した。

会議は「SoC設計新時代-プロトタイピング済みIPでチップ設計を行なう」を主題にして、SoC設計方法論の新しいトレンド、つまり、共通FPGAプロトタイププラットフォームにおいて、IP開発、デモンストレーション、評価、整合ないしSoC検証を行なうことを展示した。この設計方法論は出展会社と観衆に広く認められている。SoCIP 2010で、あるIPメーカはS2C TAI Logic Moduleプロトタイププラットフォームにおいて、プロトタイピング済みIP(例えば、CAST, Northwest, Innosiliconなど)を展示していることを見えた。これらのプラットフォームに恵まれ、SoCデザイナーはIP評価と後期全体設計の検証を便利に実施可能で、最低六ヶ月のプロジェクト開発期間を節約できる。

今回のSoCIPは多くの出展会社に認められた。Renesas ElectronicsのMCU製品センター市場部マネージャーである周韶湘は、「初めてSoCIPフォーラム展示会に参加した。多くの業界関係者が出席して、喜ぶ、確かに顧客と直接に交流するいいチャンスだ」と話した。ほかに、CosmicのAnalog IP監督であるSundararajan Krishnanは「よく組織された。参加者は事業関係の顧客で、良かった。来年もっと多くの顧客を招聘することを期待している」と話した。現場観衆から多くのフィードバックを取得した、HUAWEIの林さんは「多くのIP Vendorが集まり、情報をたくさん取得した。展示会はいい雰囲気があり、インタラクションが多い」を話した。北京Vimicroの毛さんは各メーカの生き生きしたIPでモンストラクションに興味がある、「SoCIP2010は準備十分で、デモン効果がとてもいい」ことを言った。
下記観衆の分析図から、このSoCIP展示会の専門程度を了解できる。

 

SoCIPは年中SoC設計交流プラットフォームになっている、SoC設計専門者が最新のIPとSoC設計技術情報を取得して、設計技術を共有し、システムをチップイノベーションに構築する。2010年、SoCIPは深セン、成都、西安など都市で主催する全国ツアー展示会を行い、SoC専門家の注目を楽しみにしている。www.socip.orgにアクセスして最新情報を了解する。

SoCIPについて

SoCIPは、SoC設計が初回量産で正確なチップを取得するように、SoC設計チームに先進的な技術と製品情報を提供することを目的とします。われわれは、デザイナーが商用IPの使用によって、最低の前期コストで一つのSoCプロトタイプを快速構築して、機能の正確性を検証してから、正確的なサービスサプライヤーを見つかり、プロトタイプを真実的なシリコンチップに転化できることをビジョンとします。これらすべての仕事は顧客SoCプロジェクト投資の最大限回報を確保するためです。SoCIPはS2C社www.s2cinc.comが主催して、世界先進的なシリコンIP及びSoC設計会社に賛助されます。もっと多くのSoCIP情報と登録は、公式サイトwww.socip.orgにアクセスしてください。

S2C社について

S2C社本部はアメリカシリコンバレーにあり、世界先進なシステムからチップまでの全体ソリューションサプライヤーです 。 2003年以来 , 多くの快速SoCプロトタイピングソリューションを提供した , 含まれる:

  • FPGAベースの高速SoCプロトタイピングハードウェアとソフトウェア
  • 第三者プロトタイピング済みIP (Prototype Ready IP)
  • SoC設計、プロトタイピングと生産サービス

S2Cの価値は、SoC/ASICの開発に対する専念に表される。当社高素質の設計チームと顧客を方向とする販売チームは、顧客のSoC開発需要をよく了解できる。S2C独特なFPGAベースのソリューションは、われわれのTAI IP技術特許を利用しているので、デザイナーが,S2C FPGAボードでFPGAベースのSoCプロトタイプを快速整合できる。それによって、顧客はソフトウェアの開発を事前展開できるので、プロジェクト開発速度を著しく加速できる。高速プロトタイピング方法と全面なPrototype Ready IP及び先進的な検証、加速ソリューションを結合することによって、S2CソリューションはSoC設計期間を顕著短縮できる。

サンノゼ、カリフォルニアにある本部のほか、現在、S2Cは上海、北京、深セン及び中国台湾新竹で四つの事務所を設立している。また、S2Cは中国SoCIPフォーラム展示会の主催者である、亜細亜太平洋地区のSoCデザイナーと国際シリコンIPとSoCソリューションサプライヤーに対するコミュニケーションプラットフォームの構築を目指している。もっと多くの情報はwww.s2cinc.comにアクセスしてください。

Contacts for S2C:

Steve  Pollock, S2C Inc., San Jose,  Phone: +1 408 600-0547 Email:stevep@s2cinc.com

Michel Cao, S2C Inc., Shanghai, Phone: +86 21 6887 9287 Email:michelc@s2cinc.com

                                ###

S2C, Prototype Ready IP, TAI,  and SoCIP, are trademarks of S2C, Inc. All  other tradenames and trademarks are the property of their respective owners.