蘇州国芯はS2CのFPGAプロトタイプツールを利用して、参考設計を開発する

蘇州国芯32ビットCPUベースのSoCの開発期間と作業量を大幅に軽減する

中国上海 — 2010年11月10日 – S2C Inc.(先進な快速SoCプロトタイプソリューションサプライヤー)は、蘇州国芯(先進な32ビットRISC CPU IPサプライヤー)がS2CのFPGAプロトタイプツールを利用して、そのCPU参考設計を開発することを発表した。C*Core CPU参考設計はS2Cの四代目S4 TAI Logic Moduleを採用している、S4はAlteraの最大Stratix-4 FPGAコンポーネントをサポートできる。設計チームは数多くのIPモジュールとC*Core CPUを三千万ASICゲート多いの設計に集成できる。

蘇州国芯科技の32ビットコマンド集プロセッサシリーズは、先進な低消耗、高機能の嵌め込み式プロセッサを提供する。40以上の知名顧客がC*Core IPを各種嵌め込み式アプリ製品に使う許可を取得している、C*Core 32ビットプロセッサのSoC出荷数量は六千万枚を超えている。                         

「安定なプロトタイプ設計環境は、設計地無がC*Coreのプロセッサを利用して、一流の製品を開発する時、開発期間を短縮する重要要素の一つだ」、蘇州国芯科技社長の肖佐楠が話した、「S2CのS4 TAI Logic Moduleを当社CPU参考設計製品のFPGAプラットフォームとするのは、S2Cは信頼性の高い製品をもってよく知られている、また、SoCプロトタイプの迅速な製造を促進できる素晴らしいツールスイートがある。また、S2Cは優れた顧客サポートをもって、よく知られている。」                           

「中国最大規模のCPU IPサプライヤーと協力することに喜ぶ」、S2C取締役代表&CTOの陳睦仁が話した、「S2C TAI Logic ModuleベースのC*Core参考設計は、SoCチームが製品概念をプロトタイプに製造して、運行総合検証と設計環節のソフトウェア開発早期参与を促進できる。各種のアプリ製品におけるC*Core CPU使用量の大幅な増加を期待している。」                         

S4 TAI Logic ModuleはS2Cの新世代SoC/ASICプロトタイプハードウェアで、一つ又は二つのAltera Stratix-4 820E/530E FPGAコンポーネントを装着可能で、同一ボードにおいて、1640万ASICゲートのASIC/SoC設計に適用される。複数のS4 TAI Logic Moduleは容易に積重ねられ、もっと大きな設計に対応できる。高機能及び高い信頼性があるシステムプロトタイプを取得するように、S4 TAI Logic Moduleは電源管理、ノイズシールド及び冷却機制を強化している。S4 TAI Logic ModuleはDDR2を533Mbpsに、DDR3を800Mbpsに運行できる。ユーザはFPGAを容易にダウンロードして、プログラミング可能システムクロックを生成するとともに、USB2.0インターフェースにて、S2CのTAI player Proソフトウェアでハードウェアセルフテストを行なえる。もっと多くの情報はwww.s2cinc.comにアクセスしてください。 

蘇州国芯について

蘇州国芯科技有限公司は2001年設立、登録資本金人民元0.95億元、低消耗高機能32ビット嵌め込み式RISCマイクロプロセッサIPの先進なサプライヤーである。蘇州国芯はIP許可授権取引だでけなく、トータル設計サービスも扱う。現在まで、40以上の顧客が蘇州国芯CPUのIP許可を取得している、また、5000万以上蘇州国芯ソリューションベースのチップはHDテレビ、暗号化された情報、自動車電子、工業制御、消費電子、POS機、USB/SDメモリパスワード及びICカードなど分野に使用されている。蘇州国芯32ビットCPUコアC306/C310/CS320/C340/CK510/CK520シリーズは30以上の顧客に授権している。もっと多くの情報はhttp://www.china-core.comにアクセスしてください。

S2Cについて

S2C社本部はアメリカシリコンバレーにあり、世界先進なシステムからチップまでの全体ソリューションサプライヤーです。 S2Cは三つの主要事業でSoC設計の開発に協力します :

  • FPGAベースの高速SoCプロトタイピングハードウェアとソフトウェア
  • 第三者プロトタイピング済みIP (Prototype Ready IP)
  • SoC設計、プロトタイピングと生産サービス

S2Cの価値は、われわれの高素質エンジニアチーム及び顧客を方向とする営業チームは、顧客SoC設計の目標市場需要をよく了解できることに示されています。S2Cの独特で、FPGAベースのESL設計方案は、われわれのTAI IP技術特許を採用していますので、設計エンジニアが必要なIP (FPGAフォーマット)を利用して、FPGAプラットフォームでSoC設計プロトタイプに暗号化されたかつ便利に整合できます。よって、ソフトウェアの同期開発を実現できます。高効率のプロトタイピング方法論と大量のプロトタイピング済みIP(Prototype Ready IP)及び先進的なSoC設計ソリューションを結合することによって、SoC設計期間を約九ヶ月短縮できます。

高速成長している中国SoC設計の需要をよりよく満足するために、現在、S2Cは中国で三つの事務所があり、上海、北京及び深センです。S2CはSoCIPフォーラム展示会の主催者で、亜細亜太平洋地区のSoC専門デザイナーと国際先進なIP及びSoCソリューションサプライヤーに相互コミュニケーションのプラットフォームを提供します。

###

Steve Pollock, S2C Inc., San Jose,電話番号:+1 408 600-0547 Email::stevep@s2cinc.com                            

Michel Cao, S2C Inc.,  上海,電話番号 : +86 21 6887 9287 Email: michelc@s2cinc.com                            

Jiang Bin, 蘇州国芯, 電話番号: +86 512 68091377 Email: bin.jiang@china-core.com

###

S2C、Prototype Ready IP及びTAIは、S2C,Inc.の商標です。すべて他の商標はそれぞれ所有者の財産です。