S2Cは七つのPrototypeReady™アクセサリーキットをラピッドプロトタイピングツールセットに新たに追加

新アクセサリーキットはプロトタイピング開発及びターゲットとなる環境とのインターフェースの検証の加速を補助します

サンノゼ,カリフォルニア– 2012年5月3日 – S2Cは、ユーザが希望するFPGAベースのプロトタイププラットフォームの構築及び顧客ターゲットシステム(環境)とのインターフェース構築に使うための新たな7種類のPrototype Readyパーツを追加したことを発表しました。これらの事前に設計・製造されたソリューションは顧客が自ら設計しなければならない時間を節約することで、トータルなプロトタイピングの開発を加速します。

S2C取締役代表&CTOのMon-Ren Chenは、「多くのみソリューションは顧客の需要に応じて開発されたものです。私たちはFPGAベースのラピッドプロトタイピングの「ラピッド」をとても重要としています。当社は終始顧客との緊密な協力を堅持し、顧客の検証TAT短縮方法を探し、その製品の早い発売を応援してきました。われわれの成功は顧客の成功次第で決まると言えます。また、顧客のFPGAベースのプロトタイピングを成功させるために、新製品とPrototype Ready IP及びパーツの開発を積極的に展開しています。」 とコメントしております。

新しいPrototype Readyパーツはすでに供給中です。より詳細な情報は各地のの営業所または代理店にお問い合わせください。

SoCIPの展示会で新パーツを展示

5月22日と24日に、SoCIP展示会にお越しください。これらの新製品を展示いたします。

S2Cについて

S2C本社はサンノゼ、カリフォルニアにあり、2003年以来、多くのラピッドSoCプロトタイピングソリューションを提供しています。                   現在S2Cは下記の商品を提供しています。                  

  • FPGAベースのSoCプロトタイピングハードウェアと自動化ソフトウェア
  • Prototype Ready™ IP プラットフォームとアクセサリー
  • システムと検証及び検証加速方法の設計

SoC/ASICゲート開発に於けるS2C社の価値として、私達の高度なエンジニアリングチームと顧客の業務に特化した販売力は、お客様のニーズを理解している点 にあります。S2C社のユニークなFPGAベースソリューションは、特許化したIPテクノロジーを使用する事で、設計者が迅速にFPGAベースのSoCプ ロトタイプを組み立てることを可能とします。それは顧客のソフト開発を早める効果もあります。S2C社のソリューションはラピッドプロトタイピング方法論と包括的な Prototype Ready IPのポートフォリオ、及び先進的な検証ソリューションで大幅にSoCの開発サイクルを減少します。

現在、S2Cはサンノゼ、カリフォルニアにある本社のほか、上海、北京、深セン及び中国台湾新竹で四つの事務所を設立しています。また、S2Cは中国SoCIPフォーラム展示会の主催者でもあり、アジア太平洋地区のSoCデザイナーと国際的なシリコンIP、SoCソリューションサプライヤーに対するコミュニケーションプラットフォームの構築を目指しています。より多くの情報は www.s2cinc.com にアクセスして御覧ください。

尚、日本国内販売は、2009年より(株)日本サーキット(本社:神奈川県川崎市)が総代理店として活動しています

###

S2C社のプレスの問い合わせ

本プレスリリースに関するお問い合わせは、下記までお願い致します

国内総代理店:株式会社 日本サーキット 技術営業部 辻 智之                     〒211-0004 川崎市川崎区東田町1番地2 NKF川崎ビルディング7F                     TEL:044-221-0231   FAX:044-221-0232                     E-Mail:sales@circuit.co.jp

###