S2CはTAI Player Pro FPGAプロトタイピング設計とデバッギングソフトウェアの重大改善を行なった

複数のAltera又はXilinx FPGAを同時デバッギングするとともに、新運行機能も追加

カリフォルニア、サンノゼ– 2012年3月27日 – S2Cは今日、TAI Player Pro FPGAベースのプロトタイピング設計とデバッギングソフトウェアの新しい重大改善を行なったことを発表した。TAI Player Pro 4.1の重大改善により、複数のAltera又はXilinx FPGAを同時デバッギングできるとともに、新しい運行機能も追加した、電圧と電流の持続監視及びクロック周波数のリアルタイム測定がある。
TAI Player ProはAltera、Xilinx或いはその他の第三者FPGA相互、配置配線とデバッギングソフトウェアの統一フロントに使われる。TAI Player Proを利用して、ユーザは共通環境において、FPGAベースのプロトタイピングを設計、デバッギングできる、また、Altera、Xilinx或いは第三者ツールの間のシームレス切替を実現可能だ。S2Cサイトにアクセスしてもっと読む。
S2C取締役代表&CTOの(CTO)——Mon-Ren Cheneは「S2Cを作る目的は、完全なFPGAプロトタイピング環境(ハードウェアとソフトウェアが含む)を提供して、有効なFPGAベースのプロトタイピング設計とデバッギング環境を構築する。ユーザのフィードバックと応用経験に従い、TAI Player Proを改善する。」と話した。

複数FPGAのデバッグ
商用FPGAデバッギングツール制限性の一つとして、単一FPGAの結果だけをデバッギングできる。複数のFPGAが要る大型設計にとってとても不便だ。現在、TAI Player Pro 4.1とS2Cの検証モジュール技術(特許出願中)は、四つAltera或いはXilinx FPGAの同時デバッグをサポートする。この機能の独特なものとして、オリジナルRTL名をそのまま留保して、相互信号名変更による混乱をなくすことだ。

新しいTAI Player Pro運行機能
すべてのTAI Player Proソフトウェアは毎年、予約購買の方式で販売する。TAI Logic Moduleを購買する場合、TAI Player Pro運行スイートは無料提供だ。TAI Player Pro 4.1の発売に伴い、TAI Player Pro運行スイートは下記新規機能が追加された。
1. GUIにI/Oを配布する –TAI Player Pro運行機能は今、S2Cの主流FPGA I/O配布ツールが含まれ、ユーザはデータベースにアクセスする、またはFPGAに対するI/O配布ファイルの手動生成必要がない。

2. 電圧と電流を監視する - TAI Player Pro運行機能は、TAI Logic Moduleのキーとなる電圧と電流を測定できる。TAI Logic Modulesは過電圧、過電流又は加熱の場合での電源オフに使うが、TAI Player Pro運行機能は電源オフ前、電源オフ原因を了解することに役立つことをユーザが発見できる。

3. ボードクロック周波数を測定する - TAI Player Proにボードクロック測定ハードウェアが配置され、マウスをクリックするだけで、TAI Logic Moduleの全体クロック周波数を測定できる。ボードクロック測定ハードウェアはクロックソースの正確さを迅速に検証できる、また、クロックソース原因で設計が正確に運行できない可能性をなくすことができる。

新品発売

現在、TAI Player Pro 4.1は発売している、購買できる。

S2Cについて

S2C本社はサンノゼ、カリフォルニアにあり、2003年以来、多くのラピッドSoCプロトタイピングソリューションを提供しています。                   現在S2Cは下記の商品を提供しています。                  

  • FPGAベースのSoCプロトタイピングハードウェアと自動化ソフトウェア
  • Prototype Ready™ IP プラットフォームとアクセサリー
  • システムと検証及び検証加速方法の設計

SoC/ASICゲート開発に於けるS2C社の価値として、私達の高度なエンジニアリングチームと顧客の業務に特化した販売力は、お客様のニーズを理解している点 にあります。S2C社のユニークなFPGAベースソリューションは、特許化したIPテクノロジーを使用する事で、設計者が迅速にFPGAベースのSoCプ ロトタイプを組み立てることを可能とします。それは顧客のソフト開発を早める効果もあります。S2C社のソリューションはラピッドプロトタイピング方法論と包括的な Prototype Ready IPのポートフォリオ、及び先進的な検証ソリューションで大幅にSoCの開発サイクルを減少します。

現在、S2Cはサンノゼ、カリフォルニアにある本社のほか、上海、北京、深セン及び中国台湾新竹で四つの事務所を設立しています。また、S2Cは中国SoCIPフォーラム展示会の主催者でもあり、アジア太平洋地区のSoCデザイナーと国際的なシリコンIP、SoCソリューションサプライヤーに対するコミュニケーションプラットフォームの構築を目指しています。より多くの情報は www.s2cinc.com にアクセスして御覧ください。

尚、日本国内販売は、2009年より(株)日本サーキット(本社:神奈川県川崎市)が総代理店として活動しています

###

S2C社のプレスの問い合わせ

本プレスリリースに関するお問い合わせは、下記までお願い致します

国内総代理店:株式会社 日本サーキット 技術営業部 辻 智之                     〒211-0004 川崎市川崎区東田町1番地2 NKF川崎ビルディング7F                     TEL:044-221-0231   FAX:044-221-0232                     E-Mail:sales@circuit.co.jp

###

S2C,Prototype Ready,TAI Player ProとTAIの商標権はS2C有限公司に属する。ほかの商標名と商標権はその所有者の財産である。