ローコスト版ラピッドSoCプロトタイピングハードウェアを発表-- K7 TAI Logic Module

2013年5月28日、カリフォルニア州サンノゼ - SoC/ASIC向けラピッドプロトタイピングソリューションを提供するS2C社は、本日、Xilinx社の28-nmプロセスのKintex-7 FPGA デバイスを搭載した、第五世代の新デバイスファミリー(K7 TAI Logic Module)を発表しました。 K7 TAI Logic Moduleは、410万ゲートまでの回路規模、432の外部IO端子、最大10Gbpsの動作可能なギガビットトランシーバ(16チャネル)を提供しています。 K7 TAI Logic Moduleは、手頃な価格で入手可能であり、TAI Player Proランタイム・ソフトウェアを同梱しています。 

      

S2C社のCEO中間俊雄は、「FPGAプロトタイピングは、SoCを完成させるためのとても重要なステップであり、プロジェクト・マネージャーは、基本的に設計者にプロトタイピング・システムを使ってほしいと望んでいるが、高性能FPGAプロトタイピング・システムの価格が段々上昇している($100Kを超える)ことにより、SoCプロジェクトに入手できる高性能FPGAプロトタイピング・システムの数が大幅に制限されています。」と述べています。「K7 TAI Logic Moduleの価格は、高性能FPGAプロトタイピング・システムの価格に比べて1/10未満であり、SoCおよびASICプロトタイピングにて様々なIP・ライブラリのセットを供給しています。IP開発、ブロック単位検証、高速なシミュレーション、SoC全体検証、ソフトウェア開発などを行う際、K7 TAI Logic ModuleのFPGAプロトタイピング・システムを幅広い範囲で使用できます。また、ハードウェア設計、システム検証、ソフトウェア開発などを並行して進めることができ、プロジェクトの全体スケジュールを短縮することが可能です。」

K7 TAI Logic Moduleは、Virtex-7 2000Tデバイス(1/2/4)が搭載されている、8000万ゲート規模のV7 TAI Logic Moduleと同様な方式ですので、デザインがK7 TAI Logic Moduleのゲート規模より大きくなった場合、V7 TAI Logic Moduleへ簡単にアップグレードすることができます。また、大規模のSoCデザインの場合も、IP開発、ブロック単位検証、高速なシミュレーション、部分的なソフトウェア開発などに、K7 TAI Logic Moduleを使用することが可能です。

S2C K7 TAI Logic Moduleは、下記のとおり、最も重要なV7 TAI Logic Module上で使用される、S2Cの第五世代技術に装備されています。

  • • ランタイムソフトウェアのGUIからIO電圧が設定可能な432の専用 I/O
  • GTXトランシーバの16チャネルは、二つの高速差動IOコネクタを使用し、最大 10Gbpsまで動作可能
  • 60以上のPrototype Readyインターフェースカードやアクセサリーにてプロトタイプを素早く作成できる。
  • USB2.0、JTAG、SDカードなどの様々なFPGAのコンフィグ
  • SDカード経由で1秒以内にFPGAコンフィグが可能
  • 自己テスト、クロック生成、IO電圧設定、ハードウェアステータス読み込みなどのランタイム機能をUSB経由でWindows or Linux PCから簡単に制御
  • 複数のK7 TAI Logic Moduleをスタックして、大規模のデザインも実現可能

K7 TAI Logic Moduleは、予め検証されたメモリドーター・カードを使用し、1GBのDDR2/DDR3メモリを動かせます。S2C社は、高速なAD/DA、PCIe、ギガビット・イーサネット、MIPI、SATA、ARM、SRAM、DDR2・DDR3、FLASH、TVデコーダ、TVエンコーダ、音声、DVIなどの様々なIP・ライブラリを提供しており、高速なFPGAベースの設計・開発などを短期間で完成することができます。また、S2C社は、プロトタイプ生成及びデバッグソフトウェアの完全なソリューション並びにDPI、C-API、SCE-MIの検証用のソフト・ハードシミュレーションモデルなどを提供しています。  

購入

現在、XC7K325T-2FFG900CやXC7K410T-2FFG900C型番のFPGAを搭載したK7 TAI Logic Moduleを約2~6週間内に届くようにしています。 K7 TAI Logic ModuleもTAI Logicファミリーの他モジュールと同様な方式ですので、 現在使われているドーター・カードやマザーボードなどをそのまま使用可能であり、簡単にアップグレードできます。

S2C社は、2013年6月3日~2013年6月6日に行われたDAC(Design Automation Conference) 展示会でK7 TAI Logic Moduleを紹介しました。

S2Cについて

S2C本社はサンノゼ、カリフォルニアにあり、2003年以来、多くのラピッドSoCプロトタイピングソリューションを提供しています。                   現在S2Cは下記の商品を提供しています。                  

SoC/ASICゲート開発に於けるS2C社の価値として、私達の高度なエンジニアリングチームと顧客の業務に特化した販売力は、お客様のニーズを理解している点 にあります。S2C社のユニークなFPGAベースソリューションは、特許化したIPテクノロジーを使用する事で、設計者が迅速にFPGAベースのSoCプ ロトタイプを組み立てることを可能とします。それは顧客のソフト開発を早める効果もあります。S2C社のソリューションはラピッドプロトタイピング方法論と包括的な Prototype Ready IPのポートフォリオ、及び先進的な検証ソリューションで大幅にSoCの開発サイクルを減少します。

現在、S2Cはサンノゼ、カリフォルニアにある本社のほか、上海、北京、深セン及び中国台湾新竹で四つの事務所を設立しています。また、S2Cは中国SoCIPフォーラム展示会の主催者でもあり、アジア太平洋地区のSoCデザイナーと国際的なシリコンIP、SoCソリューションサプライヤーに対するコミュニケーションプラットフォームの構築を目指しています。より多くの情報は www.s2cinc.com にアクセスして御覧ください。

尚、日本国内販売は、2009年より(株)日本サーキット(本社:神奈川県川崎市)が総代理店として活動しています

###

S2C社のプレスの問い合わせ

本プレスリリースに関するお問い合わせは、下記までお願い致します

国内総代理店:株式会社 日本サーキット 技術営業部 辻 智之                     〒211-0004 川崎市川崎区東田町1番地2 NKF川崎ビルディング7F                     TEL:044-221-0231   FAX:044-221-0232                     E-Mail:sales@circuit.co.jp

###

S2C, Prototype Ready and TAI, are  trademarks of S2C, Inc.  All other tradenames and trademarks are the property of  their respective owners.