S2CはVirtex-7 2000TラピッドASICプロトタイピングシステムに、Prototype ReadyTMインターフェースライブラリを大幅に追加

GTX I/Oを用いる高速ペリフェラルモジュールが含む、13種の新規モジュールを追加、

2013年1月28日、カリフォルニア州サンノゼ – 今日、先進的なラピッドSoCプロトタイピングソリューションサプライヤーであるS2C Inc.は、SoCプロトタイプの開発スピードを促進するため、日々拡大を続けている周辺ハードウェア及びソフトウェアコンポーネントライブラリに、13個の新しいPrototype Readyインターフェースカードやアクセサリーを追加したことを発表しました。これらの新しいモジュールで、ユーザは複数の多種多様なインターフェース(例えば、PCIe、ギガビットイーサネット、HDMI、LCDとデュアルA9 ARMプロセッサ)を使い、SoCプロトタイプの設計を行えるとともに、 S2CのVirtex-7 TAI Logic Moduleシリーズを通じ、大規模なSoC/ASICプロトタイピングプラットフォームを短期間で作成できます。これら完成済みのソリューションを用いれば、ユーザはすべてのリソースをプロトタイプ開発に投入でき、S2Cで設計検証されたソリューションを一から再作成する必要がありません。

「われわれのPrototype Readyライブラリにこの13種の新製品を追加したので、現在、特に、最新のXilinx Virtex-7 FPGAで設計したプロトタイピングプラットフォーム用に、我々が用意しているラピッドSoC/ASICプロトタイピングプラットフォーム専用のインターフェースカードとアクセサリーは、世界で一番種類が豊富であると信じています。」とS2CのCEO Toshio Nakamaが話しました。「われわれの最新V7 TAI Logic Moduleシリーズは前世代の各種プラットフォームとの相互互換性がありますので、莫大なPrototype Ready インターフェースカードと部品ライブラリの再利用を保証しています。既存ユーザは現在所有のVirtex-5またはVirtex-6のプロトタイピング環境を、楽に、最新のVirtex-7 2000T FPGAにバージョンアップできます。」

新しく公開したPrototype Readyインターフェースとモジュールには下記の内容が含まれます。

  • 2チャンネルギガビットイーサネットPHYインターフェースモジュール
  • 4チャンネル PCIe Gen2 GTX モジュール
  • SMA  4チャンネルGTXトランシーバーモジュールに
  • Xilinx Zynq ZC702インターフェースモジュール
  • デュアルチャンネル 1GB DDR3 SO-DIMMメモリーモジュール
  • HDMI トランスミッターワーインターフェースモジュール
  • 組込開発用 周辺インターフェースモジュールAタイプ
  • 組込開発用 周辺インターフェースモジュールBタイプ
  • Vタイプ相互接続モジュール
  • HQタイプ相互接続モジュール
  • I/O電圧変換モジュール
  • GTX I/Oテストモジュール
  • 電源拡張モジュール

最新のPrototype Readyインターフェースモジュールの種類として、Virtex-7 のギガビットトランシーバ,GTX I/Oを利用した高速ペリフェラルモジュールを設計しました、。これらの最新高速ペリフェラルモジュール (High-Speed GTX Peripherals) は8チャンネルのGTX I/O(高速接続用)及び12チャンネルのシングルエンドI/O(制御信号用)をサポートします。現在、このタイプには三種類のモジュール、x4 Gen2 PCIe、SATA及びSMAがあります。

現在、S2Cは六タイプのPrototype Readyライブラリ、60タイプ以上のモジュールがあります。詳細はS2Cのサイトにアクセスしてください。

S2Cについて

S2C本社はサンノゼ、カリフォルニアにあり、2003年以来、多くのラピッドSoCプロトタイピングソリューションを提供しています。                   現在S2Cは下記の商品を提供しています。                  

SoC/ASICゲート開発に於けるS2C社の価値として、私達の高度なエンジニアリングチームと顧客の業務に特化した販売力は、お客様のニーズを理解している点 にあります。S2C社のユニークなFPGAベースソリューションは、特許化したIPテクノロジーを使用する事で、設計者が迅速にFPGAベースのSoCプ ロトタイプを組み立てることを可能とします。それは顧客のソフト開発を早める効果もあります。S2C社のソリューションはラピッドプロトタイピング方法論と包括的な Prototype Ready IPのポートフォリオ、及び先進的な検証ソリューションで大幅にSoCの開発サイクルを減少します。

現在、S2Cはサンノゼ、カリフォルニアにある本社のほか、上海、北京、深セン及び中国台湾新竹で四つの事務所を設立しています。また、S2Cは中国SoCIPフォーラム展示会の主催者でもあり、アジア太平洋地区のSoCデザイナーと国際的なシリコンIP、SoCソリューションサプライヤーに対するコミュニケーションプラットフォームの構築を目指しています。より多くの情報は www.s2cinc.com にアクセスして御覧ください。

尚、日本国内販売は、2009年より(株)日本サーキット(本社:神奈川県川崎市)が総代理店として活動しています

###

S2C社のプレスの問い合わせ

本プレスリリースに関するお問い合わせは、下記までお願い致します

国内総代理店:株式会社 日本サーキット 技術営業部 辻 智之                     〒211-0004 川崎市川崎区東田町1番地2 NKF川崎ビルディング7F                     TEL:044-221-0231   FAX:044-221-0232                     E-Mail:sales@circuit.co.jp

###

S2C, Prototype Ready and TAI, are trademarks of S2C, Inc. All other trade names and trademarks are the property of their respective owners.