ACTS半導体はS2CのASICプロトタイプ設計ツールを正式採用

上海,中国- 2009年10月31日- 今日、S2C(先進なチップシステム(SoC)設計ソリューションを提供するサプライヤー)は、S2CのASICプロトタイプのハードウェアとソフトウェアは、ACTS半導体会社にそのチップ設計工程で正式採用されたことを発表した。ACTSはS2CのVirtex-5 TAI Logic Module(FPGAベースのプロトタイプシステム)及びTAI Player Proソフトウェアを使い、SoC設計創造と検証を加速し、また、チップは製造完了までのデモンストレーションを行なう。ACTS集成回路設計会社は中国における先進なファブレス半導体会社で、混合信号とマルチメディアSoCの携帯式消費電子製品ソリューションを提供している。

FPGAにて高効率のASICプロトタイピングを行なうことは、ACTSが市場競争力があるSoCを提供するキーとなる要素になっているので、ASICプロトタイプ構築用外部ツールの選択を慎重に配慮しなくてはならない。「われわれの設計容量は、複数の大型FPGAで納められる場合、社内チームでのFPGAプロトタイプシステム構築が面倒くさくなるので、専門的な協力パートナーを選択しなくてはならない時期に入った」、ACTSシステム部高級マネージャーの方亮が話した「細緻な評価を行った結果、S2CのVirtex-5 TAI Logic Module製品をわれわれのASICプロトタイピングプラットフォームとすることを決定した。S2Cのプロトタイプハードウェアは高い機能と信頼性がある原因だけでなく、S2Cは全面なFPGAプロトタイプ構築とデバッグを簡素化できるソフトウェアを提供する原因だ」。

S2CのVirtex-5 TAI Logic Moduleプロトタイピングプラットフォームは大きな柔軟性がある、例えば、多種I/O電圧標準設定可能、プログラミング可能なチップクロック、二つのDDR2をサポートするSO-DIMMスロットなどがある。複数の最新Xilinx Virtex5-LXシリーズのFPGAを使うと、TAI Logic Moduleは1200万ASICゲートのロジック設計を納められる、また、FPGAごとに1000個I / Oピンに接続できる。高級機能では、一番使いやすいのがボードのUSBインターフェースを利用して、PCにてTAI Logic Moduleの主要機能を運行できることだ。TAI Playerにてソフトウェアを運行すると、ユーザは設計をFPGAにダウンロードして、プログラミングしてクロックを生成する、及びハードウェアのセルフテストを実施できる。新しく発表したTAI Player Proソフトウェア3.1により、ユーザは一つの設計を複数のFPGAに分割、コンパイルし、内部ロジックアナライザ(ILA)にて複数FPGAの設計を同時デバッギングできるので、SoCデザイナーの効率を大幅に向上させている。

「S2Cは顧客のさまざまな面倒くさいSoCプロトタイプ仕事(FPGAボード原理図設計、ボード図設計、製造、組立、テストとデバッグが含む)に対する協力に取り組み、顧客のSoC設計と検証作業量を軽減する。それによって、彼らが設計したチップの大きな市場競争力を確保する。」S2Cの取締役代表&CTOの陳睦仁は話した「ACTSは国内先進なマルチメディアアプリプロセッサチップサプライヤーである。S2C製品の品質と多機能性を認めてもらって、とても喜ぶ。われわれは力を尽くして、ACTSに最高の技術サポートを提供する、また、そのSoC設計と検証の加速を期待している。」

ACTSについて ACTS集成回路設計有限公司、ナスダックで上場しているIC設計会社で、中国内陸、香港、台湾及びシリコンバレーなどからの設計経験豊富なチームが設立した会社である。2001年以来、世界知名なIC設計会社になって、SoC集成回路製品とトータルシステムソリューションの設計と開発を取り扱う。ACTSは多年の設計と生産経験を有する、事業範囲は集成回路設計、システムソリューション開発、テスト及び販売が含む。2003年と2004年、中国半導体協会に、中国における成長速度が一番速い十大IC設計会社に評価された。

S2Cについて

S2C社本部はアメリカカリフォルニアサンノゼにあり、世界先進なしステムからチップまでの全体ソリューションサプライヤーです。 S2Cは四つの主要事業で、SoC設計の開発に協力します:

  • FPGAベースの高効率的なSoCプロトタイピングツール
  • 第三者シリコンIP
  • カスタマイズASIC設計サービス
  • マスク代ない、最低受注制限ない構造化eASIC

S2Cの価値は、われわれの高素質エンジニアチーム及び顧客を方向とする営業チームは、顧客SoC設計の目標市場需要をよく了解できることに示されています。S2Cの独特で、FPGAベースのESL設計方案は、われわれのTAI IP技術特許を採用していますので、設計エンジニアが必要なIP (FPGAフォーマット)を利用して、FPGAプラットフォームでSoC設計プロトタイプに暗号化されたかつ便利に整合できます。よって、ソフトウェアの同期開発を実現できます。高効率のプロトタイピング方法論と大量のプロトタイピング済みIP(Prototype Ready IP)及び先進的なSoC設計ソリューションを結合することによって、SoC設計期間を約九ヶ月短縮できます。

高速成長している中国SoC設計の需要をよりよく満足するために、現在、S2Cは中国で三つの事務所があり、上海、北京及び深センです。S2CはSoCIPフォーラム展示会の主催者で、亜細亜太平洋地区のSoC専門デザイナーと国際先進なIP及びSoCソリューションサプライヤーに相互コミュニケーションのプラットフォームを提供します。

###          

For more information, please contact:                                                                 Lawrence Liang, Sales Director of China Region, S2C Inc. +86 21 6887 9287,                                     lawrencel@s2cinc.com                                                                 Lam Cheng En, Marketing Consultant, S2C Inc., +86 21 6887 9287,                                     lamce@s2cinc.com