Progate Group CorporationはS2CのFPGAベースのESLツールを利用してそのフロント設計サービス工程を最適化する

2008年7月2日 – 上海,中国 –今日、Progate Group Corporation(PGC)、台湾でSoCとASIC設計サービスを提供する会社は、S2C社(S2C)のFPGAベースのESLツールを利用して、フロント設計サービス工程を最適化することを発表した。S2C社は先進なSoC設計ソリューションを提供する会社である。バックエンド設計、集成チップ製造,製品量産について十分な実力が実証された後、PGCはS2CのTAI Logic ModuleでFPGAプロトタイプにおけるチップシステム(SoC)の設計、検証を行い、FPGAプロトタイプにおいて顧客へのフロント設計の送付を実現している。

S2CのFPGAベースのESLツールを使うと、PGCは設計要求をFPGAプロトタイプに実現することについて、顧客にシステム的な協力を提供できる。PGCの顧客は明確な設計と求められてキーとなるポイントを交付することで、チップのライン製造までの問題を回避するように、各自の責任を明確する。IC設計をFPGAプロトタイプに実現すると、顧客は、PGCが設計を作り上げて、OEM工場で生産する前、なるべく早くソフトウェアの開発を展開できる。それで、全体設計サービス環境が簡単になり、前後潜在問題の発生可能性を最低限に抑えるとともに、端末システムにおけるSoCとASICのアプリ開発時間を短縮できる。

「一部のFPGAプロトタイプメーカを調査した結果、S2CのVirtex-5 TAI Logic Moduleをわれわれのフロント設計プラットフォームと結合する。それは、彼らの製品はとても安定で、使いやすい、価格についても強い競争力があるからだ。S2CのFPGAベースのESLソフトウェアは、設計がFPGAプロトタイプにマッピングされる時間をより短縮して、IPはFPGAベースの形式で暗号化されたに納品できる。」 PGCの社長である胡師賢が話した「現在、PGCは強いSoC設計とプロトタイプ工程をわれわれのフロント設計顧客に提供できることに、自慢している。」

「PGCは尊敬される会社である、いかなるSoCとASIC設計チップのライン生産についての豊富経験と専門技術を持っている。」S2CのCTOであるMon-Ren Cheneは話した、「PGCがわれわれのFPGAベースのESLツールの品質と多機能性を認めてくれ、それを利用して、PGCの一シリーズの完全なSoC設計パッケージサービスを拡大することに、とても喜ぶ。」

PGCについて Progate Group Corporation(PGC)は1991年設立、主にASIC設計サービスを取り扱う会社である。設計段階、設計検証、シリコン検証からチップの量産まで、Progate Group Corporationは、すべての工程において、顧客の最高チップ量産パートナーを目指しているので、Progate Group Corporationは高品質の設計、生産及び品質管理の持続的な提供を使命として、競争力がある価格、製品の適時名量産発売及び市場有利な位置の取得について、顧客に協力している。

S2Cについて S2CはFPGAベースのESL(ESL)と先進的なシステム・オン・チップ(SOC)のプロトタイピングソリューションの開発と供給を取り扱います、嵌込式システムをチップに集成する工程を加速、簡略化できます。S2Cの製品はイノベーションされたTAI IP技術を採用して、デザイナーはIP(FPGAフォーマット)で、FPGAプラットフォームにおいて、SoC設計プロトタイプに便利で、暗号化されたに整合できるので、ソフトウェアの同時開発を実現できます。また、S2Cはいくつかの主要IPサプライヤーと協力して、FPGAフォーマットの商用IPを提供しています。S2CはFPGAを基礎とするESLソリューションで、デザイナーが製品アーキテクチャ仕様をFPGAプロトタイプに直接に実現できますので、約六ヶ月の設計時間を節約できます。

 

                                ###

For more information, please contact:

Lawrence Liang, Sales Director of China Region, S2C Inc. +86 21 6887 9287, lawrencel@s2cinc.com

Lam Cheng En, Marketing Consultant, S2C Inc., +86 21 6887 9287, lamce@s2cinc.com