S2CがPROTOtyping Japanと協力して、日本で信頼可能で、使いやすいSoCプロトタイプソリューションを提供する、またEDS 2009で展示する

日本神戸 - 2008 年1月20日 - PROTOtyping Japanは、信頼可能で、使いやすい、コストが低いFPGAベースのプロトタイプソリューションの市場需要が絶えずに成長しているので、S2C (システムからチップイノベーションまでの簡素化ソリューションの先進なサプライヤー)と協力して、日本でS2CのSoCプロトタイプ製品を販売することを発表した。S2C検証済みのFPGAベースのプロトタイプハードウェアとソフトウェアは、世界50以上の会社に採用されている。PROTOtyping Japanの強い現地営業能力とサポートチームの力を頼りにして、この協力は、日本デザイナーが必ずSoCプロトタイプコストを軽減、関係開発期間を短縮できる。

S2Cの新世代Virtex-5 TAI Logic Moduleは広範な使用柔軟性がある、例えば、多種電圧配置サポート可能、プログラミング可能ボードクロックソース、デュアルDDR2 SO-DIMMコンセントがある。この製品は最新のXilinx Virtex5-LXシリーズFPGAを使い、720個専用出入力ピンがあるので、高度な拡張可能性がある、これらのピンは同じように、LVDS差分信号に配置される可能だ。Dual Virtex-5 TAI Logic Moduleは二つFPGAの間を相互接続するケーブルを600本提供する。これらのケーブルは外部コネクタに接続して、バス拡張としている。すべての新機能の中、一番重要なのは、ボードUSBインターフェースを利用して、ユーザはコンピュータでTAI Player RuntimeソフトウェアにてTAI Logic Moduleを操縦できる需要機能(設計をFPGAにダウンロードする、クロック生成、ハードウェアセルフテスト)である。

PROTOtyping JapanのCEOであるMotohiko Torimotoにより、「S2C製品ラインを追加すると、われわれは日本で、FPGAベースのプロトタイプソリューションの一番完全なシリーズ製品を提供できる、とても喜ぶ。S2Cの製品はとても素晴らしい、高度な柔軟性がある上、多種ソフトウェア機能があるので、柔軟に運行できる。Virtex-5 TAI Logic Moduleは市販品の中で、拡張可能性が一番高い入出力ピン構造があり、設計用入出力ピンを1320個提供する、また、複数のTAI Logic Moduleはこれらのピンを通じて、容易に積重ねられ、もっと大きなロジック容量の設計に対応できる。S2CのTAI Playerソフトウェアを使うと、デザイナーはプロトタイプの構築工程、RTLレベル観測信号追加、設計の総合・分割、ピンのFGPA配置配線への配布をよく制御できる。

「PROTOtyping Japanと協力して、日本市場に信頼可能で、使いやすいSoCプロトタイプソリューションを提供することで、拡大しているニーズを満足しまして、喜ぶ。」S2CのCEOである林俊雄が話した「S2Cは理想的なFPGAベースのプロトタイプ製品を持っている、日本市場ニーズを満足できる。また、PROTOtyping Japanは2003年から、日本設計会社にSoCプロトタイプを提供してきて、豊富な経験を持っているので、今回の協力は必ず日本顧客に完全なソリューションと優越なサービスを提供できる。」

PROTOtyping Janpanは1月22日及び1月23日に、日本横浜EDS(電子設計ソリューション)展示会でS2CのVirtex-5 TAI Logic Moduleを展示する予定だ。S2C日本SoCプロトタイプソリューションの詳細情報について、mail@prototyping-japan.com にてPROTOtyping Japanにお問い合わせください、或いはhttp://www.s2cinc.com にアクセスしてください。

PROTOtyping Japanについて                               PROTOtyping JapanはASIC、FPGA及びASSPプロトタイプソリューションのサプライヤーである。本部は日本神戸にあり、東京地方に営業所がある。PROTOtyping Japanは2003年10月成立、最先進なプロトタイプハードウェアプラットフォーム、ESL及びASIC検証関係ツール、例えば、ANSI C、C++ベースの自動テストツール、IPコア及び設計サービスの提供により、製品の開発期間を短縮することに取り組んでいる。もっと多くの情報は、http://www.prototyping-japan.comにアクセスしてください。

S2Cについて

S2C社本部はアメリカカリフォルニアサンノゼにあり、世界先進なしステムからチップまでの全体ソリューションサプライヤーです。 S2Cは四つの主要事業で、SoC設計の開発に協力します:

  • FPGAベースの高効率的なSoCプロトタイピングツール
  • 第三者シリコンIP
  • カスタマイズASIC設計サービス
  • マスク代ない、最低受注制限ない構造化eASIC

S2Cの価値は、われわれの高素質エンジニアチーム及び顧客を方向とする営業チームは、顧客SoC設計の目標市場需要をよく了解できることに示されています。S2Cの独特で、FPGAベースのESL設計方案は、われわれのTAI IP技術特許を採用していますので、設計エンジニアが必要なIP (FPGAフォーマット)を利用して、FPGAプラットフォームでSoC設計プロトタイプに暗号化されたかつ便利に整合できます。よって、ソフトウェアの同期開発を実現できます。高効率のプロトタイピング方法論と大量のプロトタイピング済みIP(Prototype Ready IP)及び先進的なSoC設計ソリューションを結合することによって、SoC設計期間を約九ヶ月短縮できます。

高速成長している中国SoC設計の需要をよりよく満足するために、現在、S2Cは中国で三つの事務所があり、上海、北京及び深センです。S2CはSoCIPフォーラム展示会の主催者で、亜細亜太平洋地区のSoC専門デザイナーと国際先進なIP及びSoCソリューションサプライヤーに相互コミュニケーションのプラットフォームを提供します。

###

For more information, please contact:                                                                

Lawrence Liang, Sales Director of China Region, S2C Inc. +86 21 6887 9287, lawrencel@s2cinc.com                                                                

Lam Cheng En, Marketing Consultant, S2C Inc., +86 21 6887 9287, lamce@s2cinc.com