デザイン・ステージ

S2C technology can be used early in the design process so that you can take advantage of the benefits of FPGA prototyping at any design stage.

デザインの妥当性検証

適切な製品を設計するということは、製品を正確に設計することよりも遥かに重要です。より早い段階で様々なデザイン・アイディアを想定し、動作を確認することができれば、新製品で大きな成功を収めることができるでしょう。これらに関する課題と、それに対するS2Cテクノロジがご提供する機能に関しては、こちらをご覧ください  

IP開発

IPは今日の複雑なデザインの一つの要素です。たとえ設計しているIPが市販用であろうと、あるいは社内使用目的であろうと、IPの完全検証は必要不可欠です。IPは膨大な数のテストパターンでテストを行い、実際のシステム環境で評価し、実際のソフトウェアを使用して動作させなければなりません。さらに、外部ユーザ向けに作成されたIPは、システム・オンチップ(SoC)への統合時間を最短化するために、簡単に動作の確認、評価ができなければなりません。これらに関する課題と、それに対するS2Cテクノロジがご提供する機能に関しては、こちらをご覧ください

ハードウェア検証

デザインの複雑さと市場投入時間の短期化が設計、検証コストを高騰させていることは周知の事実です。シミュレーションやエミュレーションは役立つものの、時間がかかり、ひいてはコストもかかります。さらに、シミュレーションやエミュレーションは、どちらも重要なコーナーケース・バグに直面した際に壁に突き当たる可能性があります。FPGAプロトタイピングのようなハードウェア・プラットフォームは、より低コストかつ高速でありながら、即座にシステム・デザインをテストし、正確にデザイン動作の評価を行うことができます。けれども、複数のFPGAへの複雑なデザインのコンパイルは依然として時間がかかり、複数のFPGAでのデザインのデバッグは困難です。これらに関する課題と、それに対するS2Cテクノロジがご提供する機能に関しては、こちらをご覧ください

システム検証

デザインの機能が目的通りに動作しているかを評価することは、設計検証フローにおいて重要な工程です。しかしながら、正確な検証を行うにはいくつかの障害があります。デザインの実証に、実環境での操作を正確に想定した手法を使用していないこともしばしばあります。例えばシミュレーションは、同時に動作する複数のIPブロックに対応することができないため、部分的な評価しか行えません。このような不確実性がこれまで見落とされていた重要なエラーの要因となっています。動作を完全に把握するために、デザインは実際の環境を想定して、ハードウェア上で駆動する必要があります。また、例えそのように駆動したとしても、求められている実時間評価を実現するには、検証を実行するハードウェアが遅すぎる場合もあります。この問題を軽減するために、設計者は即座にデザインの動作を確認できる独自のFPGAプロトタイピング環境を構築するようになりました。けれども、内製プロトタイピング・システムの構築は扱いづらく、独自の課題が発生してしまいます。これらに関する課題と、それに対するS2Cテクノロジがご提供する機能に関しては、こちらをご覧ください

ソフトウェア開発

OS、アプリケーション、ハードウェアの統合の複雑化によって予期せぬソフトウェア・バグが増えるに従い、FPGAプロトタイプにおける早期ソフトウェア/ファームウェア開発(プリシリコン)の重要性は高まっています。ほとんどのプロジェクトは、ファウンダリからシリコンが戻るまでソフトウェアの検証を待つ余裕はありません。FPGAプロトタイプを利用することにより、重要なソフトウェア/ハードウェア統合工程で厳しいソフトウェア開発/検証にさらに数カ月を充てることが可能になります。さらに、デザイン規模が拡大し、システムの再現性が増すほど開発コストは増大します。低コストなFPGAプロトタイピング・システムは、より多くのプラットフォームを再現し、ソフトウェア開発を促進することができます。これらに関する課題と、それに対するS2Cテクノロジがご提供する機能に関しては、こちらをご覧ください

フィールド/互換性テスト

ほとんど全ての電子デバイスは、インターネットか、少なくともポイントツーポイント接続を通じて他のデバイスと通信する必要があります。それに伴い、フィールド/互換性テストの回数は劇的に増加しています。エンジニアは、使用されているプロセッサやDRAMタイプのようなハードウェアの互換性、OSやアプリケーション・ソフトウェアをはじめとするソフトウェアの互換性、通信プロトコル、ネットワーク・サービス・プロバイダの方針等のネットワークの互換性を調べるために、膨大なテスト環境を試さなければなりません。さらに、多くのテスト環境は研究室内で設定することが難しく、フィールドでテストしなければなりません。

FPGAプロトタイピング・システムは携帯性と高い性能の双方を提供するため、フィールド/互換性テストに取り組む上で間違いなく有効です。しかし、特に複数の拠点で慣れないFPGAハードウェアを使用して共同開発/テストを行っている場合、膨大なプロトタイプの管理は困難な作業となります。これらに関する課題と、それに対するS2Cテクノロジがご提供する機能に関しては、こちらをご覧ください