システム検証

課題

デザインの機能が目的通りに動作しているかを評価することは、設計検証フローにおいて重要な工程です。しかしながら、正確な検証を行うにはいくつかの障害があります。デザインの実証に、実環境での操作を正確に想定した手法を使用していないこともしばしばあります。例えばシミュレーションは、同時に動作する複数のIPブロックに対応することができないため、部分的な評価しか行えません。このような不確実性がこれまで見落とされていた重要なエラーの要因となっています。動作を完全に把握するために、デザインは実際の環境を想定して、ハードウェア上で駆動する必要があります。また、例えそのように駆動したとしても、求められている実時間評価を実現するには、検証を実行するハードウェアが遅すぎる場合もあります。この問題を軽減するために、設計者は即座にデザインの動作を確認できる独自のFPGAプロトタイピング環境を構築するようになりました。けれども、内製プロトタイピング・システムの構築は扱いづらく、独自の課題が発生してしまいます。

革新技術

S2Cがご提供するFPGA Prodigy Prototypingテクノロジは、即時利用可能な拡張性と柔軟性に富んだFPGAプロトタイピング・システムでこれらの問題に効果的に対応します。このテクノロジは市場最高性能のFPGAテクノロジで、エミュレーションよりもはるかに高速に駆動することができます。検証環境も即座に構築することができ、S2Cが提供する広範なドーターカードのライブラリを利用して拡張することも可能です。世界中で対応可能な顧客サポート に支えられた信頼性の高いテクノロジにより、ユーザはその安全性をご実感頂けます。

S2C Prodigyプロトタイピング・ソリューション

下記に挙げるProdigy Prototypingハードウェア/ソフトウェア・ソリューションを使用することにより、システム検証を実現することが可能です。

ハードウェア

ソフトウェア

  • Prodigy Debug Module