Prodigy Logic ModulesRequest for Quote

S2CのFPGA Prototyping Hardwareは2004年に提供を開始し、多くのSoC/ASICデザイン会社に広く採用されています。Prodigy Logic Moduleシリーズは、特に性能、柔軟性、価格を考慮して設計されました。最新の Dual VU440 Prodigy Logic ModuleQuad KU115 Prodigy Logic Module を今すぐご確認ください!

Single Arria 10 (A10) 1150 Prodigy FPGA Prototyping Logic Module

Single Arria 10 1150 Prodigy FPGA Prototyping Logic ModuleはIntel社の Arria 10 (A10) GX1150 FPGAをベースにしています。Single A10 Prodigy Logic Moduleはハイ・パフォーマンス・コンピューティングのアプリケーションや中小規模のSoCプロトタイピングに最適です。Single A10 1150 Logic Moduleのコンパクトなサイズにより、柔軟性とポータビリティが実現します。この万能システムは、スタンドアロン使用から、FPGAを最大16個までスケールアップしてS2CのProdigy Cloud Cubeシャーシに収めて使用することができます。システムは市場をリードするドータカードの広範なライブラリと統合することができ、プロトタイプのターゲットをいち早く構築することができます。 詳細はこちら

Dual VU440 Prodigy Logic Module

Dual VU440 Prodigy Logic Moduleは、Xilinx社のVirtex UltraScale XCVU440 FPGAを用いたS2Cの第6世代SoC/ASICプロトタイピング・システムです。このシステムは、12個の高速コネクタで1,200の汎用I/Oおよび64 GTHトランシーバにアクセス可能で、ユーザはS2Cの80以上のドーターカードにアクセスし、迅速に目的とするプロトタイプを構築することができます。さらに、ユーザはEthernetもしくはUSBを使用して、リモートで様々なランタイム機能を実行することが可能です。また、大規模SoC/ASIC向けにCloud Cube™に最大16個のデュアルVU Logic Moduleを格納でき、複数のユーザ間で共有することもできます。詳細はこちら

Single VU440 Prodigy Logic Module

シングルVU440 Prodigy Logic Moduleは、Xilinx社のVirtex UltraScale XCVU440 FPGAをベースにした業界最小のフォームファクタ、全目的対応のスタンドアロン・プロトタイピングシステムです。このシステムには、1,176個の一般目的用I/Oと10個の高速コネクタ上に44個のGTHトランシーバがあり、ユーザはS2Cの80以上のドーターカードにアクセスし、迅速にプロトタイプ・ターゲットを実現することが可能です。S2Cの第6世代テクノロジを利用することにより、ユーザはEthernetやUSBを経由して一連のランタイム機能をリモートで実行することができます。また、大規模SoC/ASICをサポートし、複数のユーザ間で共有するために、Cloud Cube™に最大16個のシングルVU Logic Moduleを設定することが可能です。詳細はこちら

PCIe VU440 Prodigy Logic Module

PCIe VU440 Prodigy Logic Moduleは、PCIeエッジ・コネクタを介してPC/サーバ内で動作するよう設計されたS2Cの第6世代SoC/ASICプロトタイピング・システムです。このモジュールは、Xilinx Virtex UltraScale 440 FPGAを1個備えており、554万個のシステム・ロジックセル、88.6Mbメモリ、2,880個のDSPスライスを搭載しています。さらに、このモジュールは3個のProdigyコネクタで432個のI/Oと12個のギガビット・トランシーバに接続し、2個のオンボードSO-DIMMソケットを介して最大32GB DDR4メモリに対応可能です。ユーザは迅速にターゲットとするプロトタイプを構築するためにS2Cの80以上のドーターカードを利用できます。また、イーサネットもしくはUSBを使用してリモートでランタイム機能を実行することが可能です。詳細はこちら

Quad KU115 Prodigy Logic Module

Quad KU115 Logic Moduleは、Xilinx Kintex UltraScale XCKU115 FPGAデバイスを4個搭載するS2Cの第6世代SoC/ASICプロトタイピング・ハードウェアです。各KU115デバイスには5,520個のDSPスライスが内蔵され、並行して膨大なDSP計算処理を行う作業向けに設計されています。S2Cのエンタープライズ・クラスのプロトタイピングシステム、Prodigy Cloud Cube™に多数のQuad KU115 Logic Moduleをメッシュ構造で接続すること、で最大のDSP並行処理能力が実現可能です。Quad KU Logic Moduleは、12個の高速コネクタで1,200の汎用I/Oおよび64 GTHトランシーバにアクセス可能です。さらにユーザは、S2Cの多岐に渡る80以上のドーターカード・ライブラリにアクセスし、迅速に目的とするプロトタイプを構築することができます。詳細はこちら

Single KU115 Prodigy Logic Module

Single KU115 Prodigy Logic Moduleは、Xilinx社のKintex UltraScale XCKU115 FPGAをベースにしており、今日の消費者ベースのIoT(Internet of Things)デザインおよび小中規模のSoC開発に理想的なソリューションです。Prodigy KUは 市場で流通するソリューションの中でも最も多い5,520個のDSPを使用し、高い計算能力を必要とするアプリケーションに非常に適しています。このシステムは656個の汎用I/Oと8個の高速コネクタに48個のGTHトランシーバを備え、高速通信を実現します。この低コストかつ全目的対応のスタンドアロン・プロトタイピング・システムは、S2Cの最先端かつ広範なドーターカード・ライブラリと統合されており、ターゲットとするプロトタイプを迅速に構築することが可能です。 詳細はこちら

V7 Prodigy Logic Modules

S2CのV7 Prodigy Logic Moduleシリーズは、シングル・ボードに最大4個のVirtex-7 2000Tデバイスを使用し、20ミリオンから80ミリオンゲートまで、あらゆるサイズのデザインで SoC/ASICプロトタイピングを成功させています。設計生産性を向上させるために、S2Cはプロトタイプ生成ソフトウェアフローにXilinx社のVivado™ Design Suiteを、デバッグ・ソフトウェアにChipScope™ Proを取り入れています。さらに、V7 Prodigy Logic ModuleハードウェアはLVDSインターコネクション・バスを通じて高周波ピン・マルチプレキシングに対応するように設計されており、複数のFPGAに分割したデザインに最適です。 詳細はこちら

K7 Prodigy Logic Module

K7 Prodigy Logic Moduleは、Xilinx社のKintex-7 XC7K410TもしくはXC7K325T FPGA デバイスを1個備えており、4.1ミリオンゲートまでのデザインをプロトタイピングすることができます。K7 Prodigy Logic Moduleは、4つのDedicated I/Oに最大規模のユーザI/O 数である432個のI/Oと、2つのDifferential I/O コネクタに16チャネルのGTXトランシーバを提供しています。このGTXトランシーバは、2グレードFPGAデバイスで最大10Gbpsの動作が可能です。ユーザは、簡単にFPGAダウンロードを行い、プログラマブル・クロックを生成し、I/O電圧を調整し、USB2.0インターフェイスを通じてS2Cが提供するProdigy Player Pro Runtime Software でセルフテストを行うことができます。S2CのK7 Prodigy Logic Moduleは低価格であるため、プロジェクト・マネージャは多くのFPGAベース・プロトタイプを展開し、並行してハードウェア検証やソフトウェア開発を行うことが可能です。詳細はこちら

S4 Prodigy Logic Module

Quad S4 Prodigy Logic Moduleは、SoCの第四世代SoC/ASICプロトタイピング・ハードウェアに最近追加されたもので、ボード上にAltera社のStratix IV 820E FPGAを4個搭載し、最大32.8ミリオンゲート規模の設計に対応することができます。各FPGAには、4つのロジック・モジュール・コネクタに480個のI/Oがあり、16コネクタで合計1,920個のI/Oを利用することが可能です。各コネクタのI/O電圧は、様々なSoCインターフェイスに合わせて同時に1.5/1.8/2.5/3.0Vと個別に調整することができます。Quad S4 Prodigy Logic Moduleは、SoCバス・アーキテクチャに対して4個のFPGA間をつなぐ300個のインターコネクト・バスがあり、インターコネクション・アクセサリ・モジュールを使用することにより、さらにインターコネクトを追加することも可能です。ユーザは、簡単にFPGAダウンロードを行い、プログラマブル・クロックを生成し、USB2.0インターフェイスを通じてS2Cが提供するProdigy Player Pro Runtime Software でセルフテストを行うことができます。 詳細はこちら