技術記事

It’s time to upgrade your prototyping platform to V7-2000T FPGA
2014.01.06 | Mon-Ren Chene | Chief Technology Officer

Are you still debating if you should upgrade to Virtex-7 2000T FPGA for SoC/ASIC prototyping? I highly recommend upgrading immediately because the Virtex-7 FPGA design flow is now mature, with already 5 Vivado software releases from Xilinx. More importantly, the V7-2000T FPGA is at an affordable price suitable for volume adoption. This is also good news for early V7-2000T adopters because the new price allows replication of a lot more platforms for concurrent developments. I summarized 5 good reasons to upgrade to V7-2000T for SoC/ASIC prototyping below. Read more...

 

Xilinx Virtex-7 2000T と Vivado Design Kit について考える
2013.03.11 | Ashok Kulkarni | AE Director, North America

2012年に、S2Cは相次いでSingle、Dual、およびQuadと3種の Xilinx Virtex-7 2000T FPGAベースのSoC/ASICプロトタイピングシステムをリリースしました。 Virtex-7(V7)FPGAは最新の技術を採用していたため、新しいFPGAの特徴やソフト ウェアについて多くの問い合わせを、ASIC・FPGAの関連業界やS2Cの顧客から受 けました そのような質問に答える事を目的として、このブログは 現在世界一大きい容量 を持つXilinx V7-2000T FPGAと、このFPGAをサポートする最新のVivadoソフトウ ェアデザインキットの概要について説明をしていきます。Read more...

 

SCE-MIはなぜ今まで広く採用されていないか?
2012.02.09 | Toshio Nakama | Chief Executive Officer

S2CのC-API機能というブログの中で、検証エンジニアがコンピュータの大量のテストデータをFPGAベースプロトタイピングに送信する(あるいはFPGAベースのプロトタイピングから大量のテストデータをコンピュータに受信する)需要とメリットをを紹介した。S2CのC-APIソフトウェアは配置及びカスタマイズしやすい方案だ。今日、よりよい拡張可能性と多プラットフォーム能力があるSCE-MIで同じ仕事をやることを紹介する。Read more...

 

FPGAプロトタイピング – 自社作製 vs 購入
2011.12.12 | Steve Pollock | VP, Marketing and Business Development

既製FPGAプロトタイピング案が高すぎるので、低いコストで自分でプロトタイピングボードを作ることをよく耳にする。材料リストの各金額を加算した結果から見ると、内部プロトタイピングボードの構築で費用を節約できるようだが、本当か? Read more...

 

FPGAベースプロトタイピング, 'Why', 'What' 及び 'How' - 第2部分
2011.11.21 | Ashok Kulkarni | AE Director, North America

FPGAベースプロトタイピングの主要メリットは、低コスト、高機能と容易に導入できるだ。これらメリットのほか、リアルタイム装置に接続できるので、デザイナーは真実システム環境におけるSoCプロトタイプの機能を観察できる。システムコストが低いので、それでソフトウェア開発用複数の前ハードウェアプラットフォームを構築する費用が合理だ。FPGAベースプロトタイピングはさらにもっと高い運行機能を提供できる、10 MHz~80 MHz周波数範囲が普通だ、それで、ビデオフレームなど本質で主観ベースの設計を検証できる。 Read more...

 

FPGAベースプロトタイピング, 'Why', 'What' 及び 'How' - 第1部分
2011.11.09 | Ashok Kulkarni | AE Director, North America

FPGAベースプロトタイピングを深く研究する前、先に「なぜプロトタイピングを行なうか」という問題を回答しなくてはならない。シリコン前模型と希望する設計機能の一致性を確保するように、すべての設計、SoC、ASIC又はASSP(その後、SoCはASICとASSPに仮定される)は検証(機能和时序検証)されなくてはならない。また、大部分SoCのソフトウェアの内容は異なる。それで、なるべく早くシリコン前ハードウェアプラットフォームで、ソフトウェア開発を行なうことがとても重要だ。現在のSoC設計はゲート密度、コスト及び複雑性を絶えなく増やしている。一回目でシリコンを取得するのが必要だ、そうしないと、改めてシリコンを設計する費用は何百万ドルに達する可能性がある、企業にとって、多くの市場チャンスは死滅性のものだ。検証挑戦及びシリコン前ハードウェアプラットフォームの必要を満足するように、多くの技術が開発されたが、機能検証だけ満足できる。 Read more...

 

S2CのC-API機能
2011.09.25 | Tony Wu | AE Director

S2CのC-API機能を利用すると、検証エンジニアたちは、コンピュータの大量テストデータをFPGAプロトタイピングに送信できる、また、逆なデータ受信もできる。多くの検証エンジニアと交流した結果、十分なテストケースと極端ケースを作り、FPGAベースのプロトタイピングの能力を徹底的に検証することが業界現在の共同挑戦であることを発見した。プロトタイプを目標システムに接続することで、エンジニアたちは真実な世界に入り、環境をテストできるが、真実世界環境の極端テストケースは作りにくいのが普通だ。それで、いい設計方法は、真実世界テスト環境に、コンピュータから運行できる、FPGAベースのプロトタイプ余分な検証データを補充することだ。 Read more...

 

SoCプロトタイピングを省略するコスト分析
2011.08.22 | Steve Pollock | VP, Marketing and Business Development

プロトタイピングを行なわないコスト問題を回答する前、プロトタイピングを行なう原因を分析する。ここで、設計を生産する前のSoCのFPGAプロトタイピングとASIC設計を例とする。
プロトタイピングは下記主要メリットがある :
  • アナログとシミュレーション技術で発見できないエラーが見つかる
  • 目標システムプロトタイプに対し、ソフトウェアの事前開発を行なう
  • 真実環境設計のデバッグ可能
    Read more...