テクノロジ・アプリケーションDownload White Paper

現在の市販FPGAプロトタイピング・システムは、システム・オンチップ(SoC)デザインフローのあらゆる工程でその重要性を立証しています。このテクノロジは、回路内テストや早期ソフトウェア開発のような従来のアプリケーションを超え、機能の設計、検証にまで利用されています。FPGAベース・プロトタイプは、チップ・アーキテクチャの改善、評価を行うために電子システムレベル(ESL)設計環境で動作し、シミュレーション・ツールを使用して検証速度を1桁以上高速化します。

このテクノロジを促進する要因は、迅速な高性能プロトタイプ構築へのニーズ、拡大するデザインの規模と複雑さへの対応要求、企業規模のリソースとしてのプロトタイプ利用要求等があります。グローバリゼーションにより、局地的なデザインチームは地理的に分散されたチームへと移り変わっています。そのため、現在FPGAプロトタイピング・ソリューションは、ネットワーク・アクセス、リモート管理機能、メモリやアドオン・コンポーネンツといったリソースが拡張できる機能の搭載が欠かせません。これにより、多くの地理的に分散されたチームが複数のハードウェア、ソフトウェア利用を可能にしています。

FPGAプロトタイピング・システムは、企業規模でアクセスできなければなりません。完全なプロトタイピング・プラットフォームとは、あらゆる機能設計工程で、デザイン規模を選ばずに、複数の場所から操作できるプラットフォームです。これらの機能はすべて、いつでもオンデマンドで利用でき、かつリモート・アクセス可能でなければなりません。このようなアプローチは、大幅にエンジニアの生産性を向上し、最終製品の納期を短縮します。したがって、同時に投資利益率(ROI)はもちろん、FPGAプロトタイピング・プラットフォーム自体の寿命投資利益率の向上も期待できます。

アプリケーション

S2Cは強力なFPGAプロトタイピング・テクノロジを多数ご提供しており、皆様の設計目標達成に貢献しています。

  • プロトタイプのコンパイルおよびマネジメント
  • デバッグ
    • Prodigy Debug Module
  • 検証
  • リソース・マネジメント
    • Prodigy Neuro Cloud-based Management